借地権とは

土地の権利には、借地権と所有権があり、借地権とは、土地だけをある一定の期間、地主から借りることのできる権利です。
借地権を持っている人を借地権者といい、地主のことを土地所有者といいます。借地権者は、誰かから借りている土地の上に、自分の建物を建てて利用しています。
借地権者は土地を所有していないので、土地の固定資産税を納める義務がありません。土地所有者が納付するからです。
しかし、一般的には借地権者が土地所有者に払う地代によって、間接的に土地の固定資産税を納めていることが多いです。かつて、家を建てたくても貧しく、土地を購入することができなかった人々が、空いている土地の持ち主に土地を貸してくれるように頼みこんで、そこに家を建てさせてもらったことが多くありました。その場合、通常借地権者よりも土地所有者の方が、立場が強くなります。
例えば、土地が必要になったから、すぐに貸している土地から出て行ってほしいなどと言われた場合、立場の弱い借地権者はすぐに出て行かなければなりません。そのような弱い立場の借地人の権利を守るためにつくられた法律が、借地権です。しかし、時代の流れの中で、借地権者の権利が守られる一方で、土地所有者にとって不都合が起きるようになりました。
ひとたび建物を建てられてしまうと、土地所有者が土地を返してほしくても、借地権に守られた借地権者からはなかなか返してもらえません。割高な立ち退き料を支払うことでようやく、立ち退いてもらえるといったケースも出てきました。そのような経緯もあり、借地権のもと、借地をめぐるトラブルが増加し、土地所有者は次第に土地を貸し渋るようになっていったのです。

◎特集
借地権をめぐるトラブルが起きた際に無料で相談に乗ってくれるサイトです → 借地権 相談

Copyright © 2014 歴史の中の借地権 All Rights Reserved.